漫画で読む浮気調査依頼

漫画で読む浮気調査依頼

パートナーとのすれ違い、冷え込む関係。もしかしたら・・・

1-2
パートナーの浮気に気づき、誰にも相談できず一人悩んでいる状況。
「一度、興信所、探偵社に浮気調査を依頼してみようか・・」
そう思っても中々踏み出せない方がたくさんいらっしゃいます。

その理由は様々です。

「金銭的理由】
「心の整理がつかない」
「よくわかならい探偵社に依頼するのは不安」

などなど。
でも、ひとり悩みを深めて落ち込むばかり。

「あの時調査していればよかった」
「もっと早くプロの手を借りればよかった」
「やっぱり諦められない」

そんな後悔に苛まれることこそ、もっと辛いと思います。

やみくもに「悩む」から真実を知り「考える」へ

7-8
「真実」を知る事によって人の思考は「悩む」から「考える」に変わります。
子供が成長する段階や、その他さまざまな理由で愛はいつかはさめることもあります。
真実を知り腹が据わり 依頼者様が強くなることで、「考える」が始まります。
依頼者様の中でこの局面を乗り越えて 夫婦としてそこから何を残すのか? 
そう考えて、夫婦関係を修復される方もたくさんいらっしゃいます。

みずから一歩踏み出し、プロの浮気専門調査員に相談

11-12
まずは真実をあきらかにし、受け入れること。
そのためには浮気調査の専門的教育を受けたプロの調査員に相談することが最善です。
浮気調査は必ずしも離婚するために行うものではない、と当社は考えております。
証拠が無いまま浮気をしたか・しないかで言い争いを繰り返すのは、さらに夫婦関係を悪くすることになります。

リアルタイムの進行報告、法的にも有効な証拠で真実があきらかに

13-14
調査結果のご報告は、時間の経過を記載した写真入りの報告書をお渡しいたします。
調査内容を手に取るようにご理解頂けると思います。
最終的に裁判となった時の有効な証拠となります。
報告書や、証拠資料(写真・VTR・録音テープ)などをお渡しします。

依頼者様の「後悔しない選択」のために。

依頼者様が「後悔しない選択」への的確なアドバイスを行うのがフォーチュン徳島の仕事であると考えています。
実績としてフォーチュングループ四国では年間300件にも及ぶ調査依頼があります。
そのご依頼の背景、状況もさまざまです。
ご相談を受け、調査を開始し、状況によっては顧問弁護士を交え解決方法を探り、相談員、弁護士がそれぞれの経験、知識で最適な対応をさせていただきます。
その結果浮気調査をされた8割以上の方が「離婚」ではなく「夫婦関係修復」されました。
もちろん最後に主導権を握られたうえで、決断されたのは依頼者様です。

  • フリーダイヤル
  • メールでのご相談
PAGE TOP